アヤナスでUVカットする時の注意点とポイント意外な盲点があります

アヤナスでUVカットする時の注意点とポイント意外な盲点があります

トップへ戻る

アヤナスでUVカットする時の注意点とポイント意外な盲点があります

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アヤナスでもUVカットはできます。

 

ですが気を付けなけいけない点がいくつかありますので、勉強しておきましょう

 

アヤナスでUVカット

 

アヤナスでUVカットはできるのか

「アヤナスアイクリームコンセントレート」と「アヤナスクリームコンセントレート」には、アヤナス独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」が使用されています。

 

この技術は肌の表面に強い膜を構成する事で外からの刺激を防いでくれます。
当然UVカットの力もあり、紫外線も防ぐ事もできます。

 

もちろんUV専用のサエルなどに比べますと、UVカットの力は落ちますが、部屋お中などの紫外線の弱い場所では十分に効果が有ります。

 

紫外線が強い場所では、その上にアヤナスの新商品ベースメークの下地クリーム、ファンデーション、パウダーなどの使用しますと紫外線カットは完璧になります。

 

通常のファンデーションでも、少しぐらいのUVでしたら問題無くUVカットは可能です。

 

アヤナスを使用している時には、紫外線対策は自分がこれからイク場所に合わせて対策を取る必要があります。

 

敏感肌ならアヤナスベースメーク

 

アヤナスベースメーク
どうしても紫外線の強い所に行くケースでは、やはりおすすめはアヤナスの基礎化粧品と相性のいいベースメークです。

 

アヤナスのベースメークは、3層のしっかりした構造が敏感肌でも綺麗な肌を作ってくれます。
アヤナスのベースメークはそれだけでなく、3つのちがう光を組み合わせる事で、ツヤのある毛色の良い肌を完成してくれます。
アヤナスのベースメークは良く考えられた光の組み合わせを使用する事で、敏感肌の人が今まで味わったことの無い美しい肌を作ってくれます。

 

3層の力がとても強く結びついていて、完全なUVカットができますので、是非お試しください。
光のベールを纏ったような感じと言われていますので、今までのnファンデーションとはかなり質が違います。

 

間違ったUVケアー商品の使い方

 

間違えたUVケアー商品の使用をしまと、敏感肌はとて悪くなってしまします。
特に「昨年使用したUVケアー商品」を再度使用しますと痛い目にあいます。

 

かなりこのケースで失敗している方は多いとお思います。

 

昨年使用のUVケアー商品は何故悪いのか?

 

UVケアー商品は一旦開封しますと、時間が経過するのと共に中に雑菌が繁殖してきます。
昨年のがあるのでもったいないから再度使用しようなんて、思いますと肌に悪影響を与えてかえって肌の状態を悪くしてしまいます。

 

UVケアー商品は使い切りが原則ですので、余った商品は必ず廃棄するようにしましょう。

 

敏感肌のUVケアーで必要なポイント
  • 使用期限の過ぎたものは使用しない。
  • 使用期限は必ず守りましょう。又昨年の商品は使用しない事が大切です。

  • 敏感肌の人は、出来るだけ紫外線吸収タイプの商品は使用しない。
  • 紫外線吸収タイプのUVカット商品は肌に刺激を与えますので、敏感肌には良くありません。

  • 紫外線以外の環境ストレスにも対応した商品を選ぶ
  • 肌に刺激を与えるものは紫外線だけではありません。環境によるケミカルな物質や、たばこ、排気ガス、PD2.5なども防いでくれる商品を選ぶことが大切です。

サエル ホワイト CCクリーム コンセントレートは、肌に負担を与える環境ストレスから肌を守り、SPF50+ PA++++で紫外線を強力カットするため、夏のアウトドアにも最適です。

 

サエルトライアルセット

 

サエルトライアルセット

 

 

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る