アヤナスを使用した場合の肌の潤いは他の基礎化粧品では真似できない

アヤナスを使用した場合の肌の潤いは他の基礎化粧品では真似できない

トップへ戻る

アヤナスを使用した場合の肌の潤いは他の基礎化粧品では真似できない

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アヤナスは、敏感肌、乾燥肌、ストレス肌で荒れてしまった肌に潤いを与えてくれえます。

 

アヤナスで潤いを

 

アヤナスが肌に潤いを与える方法

 

セラミドナノスフィア

 

角層の潤いをキープしている大切な部分にセラミドがあります。
※セラミドとは、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいる部室で 細胞間脂質です。

 

乾燥肌、敏感肌、ストレス肌の特長は、皮膚の表面のバリア機能が低下して、角層の水分が蒸発し皮膚の細胞も規則正しくならばなくなってしまいます。

 

セラミドナノスフィアは、人の細胞の間にあるセラミドと同じ成分の人型セラミドを保湿成分を核にナノサイズのカプセルにする事に成功しています。

 

このセラミドナノスフィアは通常にセラミドの4倍の浸透力があり、瞬時に肌の奥までセラミドが運ばれることで細胞内の水分が十分に補給さえるようになっています。

 

セラミドナノスフィアの構造

 

高浸透グリセリン

 

皮脂と混ざりやすい水溶背の高浸透グリセリンの使用によって、これまでにない高い浸透力を実現しています。

 

>高浸透グリセリン

 

ストレスバリアコンプレックス
パルマリン

肌のバリア機能に大きく関連した「タイトジャンクション」を活性化し、細胞がしっかりと結びついた角層を生み出します。

ジンセンX

血行が悪くなった皮膚の血流をスムーズにし血管を拡張。血流を促進して皮膚温を上昇させる事で肌の健康を保ちます。

ビルベリー葉エキス

ストレスを軽減してくれ津リラックス成分「GABA」を真皮内で増やす酵素を多くして、線維芽細胞の産生を強化します。

 

ストレスバリアコンプレックス

 

●その他の成分

コウキエキス

アレルギーの元になるヒスタミンの生成を押さえて、肌の改善を図ります。(天然のステロイド)

CVアルギネート

線維芽細胞の生成を強化して、コラーゲンの生成を高めます。

ローズマリーエキス

シミの原因となるメラニンの生成を抑えてシミの生成を防ぎます。

 

オーガニックリフトオイル

 

ダイマージリノール酸ダイマージリノリンを100%使用した植物オイルで、粘度が高く肌の表面に皮膜を張る事で肌への外からの刺激を守ってくれます。

 

ダイマージリノール酸ダイマージリノリン

 

ヴァイタサイクルヴェール

 

ディセンシアオリジナルの特許技術で、肌をしっかり守って外からの刺激をブロックし、細胞内に十分な保湿を与えます。
ペントナイトと言う特殊な鉱物の使用によって、肌の表面に強い膜を張り、更に肌の内部にはセラミドナノスフィアがしっかりと入っていきます。
この成分を含んでいるのは、アヤナスクリームになります。

 

ヴァイタサイクルヴェール

 

4種類の感触の異なるオイルを使用

 

アヤナスクリームには4種類の感触に違うオイルが配合されています。
塗るときには、伸びの良いオイルが力を発揮して、顔全体にオイルを万遍なく塗る事ができます。
暫くしますと、濃いオイルが肌の表面に出てきて、強い皮膜を作ってくれます。

 

この強い皮膜が肌の潤いを感じさせてくれます。

 

>>アヤナスの成分について詳しく知りたい方はこちら

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る