トップへ戻る

アヤナスを買ってはいけない?と噂の真相を解明

アヤナスを買ってはいけない?と噂の真相を解明

アヤナスを買ってはいけない?と噂の真相を解明

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アヤナス買ってはいけないなんて噂を最近聞いた事がありました。

 

その真相を解明したら良く意味が分かりましたので、こちらの記事にまとめておきます。

 

アヤナスを買ってはいけない

 

安全度が十分に高い成分

ワセリン 簡単にドラッグストアーで購入の出来る石油からできた成分で多くの方が利用している成分。
ペンチレングリコール 強い抗菌性がありりBG(ブチレングリコール)より低濃度(5%以下)で抗菌性を発揮する成分です。
セラミド2 アヤナスがセラミドナノスフィアで使用しているヒト型セラミドで、皮膚内で最も保湿力のあり肌の保湿に高い効果のある成分です。
コウキエキス 中国南部に自生するクルミ科の植物である「コウキ」という植物の葉から抽出されたエキス。抗炎症作用、抗酸化作用があり、更に、メラニンを生成する場所だといわれているメラノサイトを刺激する因子を抑制する効果を持っています。
セタノール ヤシ油やパーム油や牛脂などを加水分解させて作られた成分で、クリームや乳液に配合することで乳化の安定性が高まり、ベタつかづくサラッとした質感を得る事ができます。肌なじみがよく、強力な皮膜をつくって水分蒸発を防ぐエモリエント効果が高いため、乾燥から肌を守る効果が期待できます。
リンゴ酸ジイソステアリル リンゴ酸とイソステアリルアルコールの混合物で非常に粘性の高いわりにべとつきが少ない液体で無機粉体や顔料の分散性に優れており、また化粧膜を肌に強く密着させる効果が強い。
クエン酸 クエン酸を使ってピーリングを行うことで美肌効果が期待でき、血流改善やミネラルの吸収を促進してくれる効果があるため、美肌やアンチエイジング、デトックスに効果的な成分です。
ステアリン酸 ステアリン酸は、クリームの伸びや硬さなど質感を調整するためのベース成分として重要な成分で、クリーム、乳液、油性原料、ファンデーションなどに使われています
ポリHEMAグルコシド メタクリル酸グルコシルヒドロキシエチルという成分の重合体です。、ヒアルロン酸Naよりも高い保湿成分があり、。肌にある水分をしっかりと結合させる効果が期待でき、通常の保湿成分よりもさらに保湿の持続力を高めてくれます。ヒアルロン酸だけでは物足りないという人にはおすすめの成分です。
ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル ダイマージリノール酸と、ダイマージリノレイルアルコールとからなる混合物です。高い粘性を持ち、すぐれた光沢性があります。
ビルベリー葉エキス GAD67産生促進による抗老化作用。SOD様活性促進およびグルタチオン産生促進による抗酸化作用。エイジングケア化粧品をはじめとするスキンケア化粧品に使われています
キサンタンガム キサンタンガムは増粘目的で使用されることが多いですが、他にも乳化の安定性を高めたり、質感改良、肌の表面に保護膜をつくり保湿性を高める特性もあり、保湿クリームや保湿美容液に配合すると効果的です。
ジグリセリン グリセリンとの違いは、グリセリンがベタつきやすいのに対してジグリセリンはサラッとしたベタつきのない使用感を得られます。保湿効果があるところやしっとり感に優れているところはグリセリンと同じです。サラッとしていて保湿効果が高い。
ペンチレングリコール 多価アルコールの一種で、水分を包み込む働きがある保湿剤。グリセリンと比較して、使用感がさらっとしています。抗菌力を有し、表皮の雑菌を抑える効果があります。
BG 保湿剤で石油由来と植物由来のものがあります。水の分子を磁石のように引き寄せておく性質があります。うるおいを保ち、防腐効果を高める効果があるので、少ない量の防腐剤で効果が有ります。
PEG-10ジメチコン 水溶性高分子のポリエチレングリコール(PEG)とシリコーン系高分子のジメチコンを結合させた成分で、水とシリコーン油を混ざった状態にしておくことができるシリコーン系界面活性剤(乳化剤)べたつきのない、さっぱりとした感触を得る事ができます。
フェノキシエタノール フェノキシエタノールは防腐剤です。防腐剤と言えば、パラベンが有名ですが、フェノキシエタノールは低い使用量でも防腐効果を発揮できる成分です
フィトステロールズ フィトステロールズは、皮膚吸収性がよくエモリエント効果があり肌を潤しバリア機能を高めてくれます。
水添ナタネ種子油 水添ナタネ種子油とは、アブラナ科アブラナ属の植物から採取できるナタネ油に、水素を添加したもので、お肌にしっかりと蓋をして、閉じ込めた潤いを逃さない保湿の働き水素を添加していることで、酸化を防ぎ安定した使用感を維持出来ます。
アミノプロピルジメチコン カチオン界面活性剤。ジメチコンと違って末端にアミノプロピル基がある事で、撥水性、撥油性はそのままで、伸びが良くなり、カバー力が向上が期待できます。
ラベンダー花水 ラベンダー花水は、水蒸気蒸留法で開花した花の先端部分から抽出して得られる芳香蒸留水。鎮静、鎮痙、鎮痛作用、抗炎症効果、抗ウィルス作用も期待できます。
ベヘニルアルコール ナタネ油から作られる高級アルコール、乳化安定剤として乳液や保湿クリームに使用し、安全性の高い成分でどんな肌質でも使える化粧品成分。
オタネニンジンエキス 朝鮮人参エキスとも呼ばれ、新陳代謝促進作用、細胞賦活作用、血行促進作用、線維芽細胞増殖促進による抗シワ作用、保湿作用がある。
カルボマー カルボマーの効果は、「増粘」、水に溶けたカルボマーはジェル状になり、水分を包み込みます。温度変化に対する粘度の安定性の高さも大きなメリットです。
エチルヘキシルグリセリン グリセリンに2-エチレンヘキシルアルコールを結合させたグリセリン誘導体。グリセリンと同等の保湿効果があり、エチルヘキシルグリセリンには抗菌作用や消臭作用(ニオイの原因となるバクテリアの成長を抑制する)が期待できます。
プロパンジオール 植物デンプンを発酵させて得られる100%植物由来のグリコール。保湿性に優れ、グリセリンと併用すると相乗効果で保湿効果が高まります。保湿効果だけでなく抗菌性もあります。
クエン酸Na クエン酸を炭酸ナトリウムで中和した無臭で水に溶けやすい無色の結晶、または白色の結晶粉末。主な目的は、金属イオンによる沈殿防止、化粧品自体の酸化防止
オタネニンジンエキス 朝鮮人参、高麗人参とも呼ばれて新陳代謝促進作用、細胞賦活作用、血行促進作用、線維芽細胞増殖促進による抗シワ作用、保湿作用などの効果が期待できます。
紅藻エキス 海藻に多く含ま成分で、、肌の保湿、抗酸化力が抜群、アンチエイジング効果が期待できます。
セイヨウナツユキソウ花エキス バラ科の多年草「セイヨウナツユキソウ(西洋夏雪草)」の花から抽出されるエキスで、抗炎症作用や収斂作用が有ります。
トコフェロール 天然のビタミンEで、細胞の酸化を防ぐため、老化防止にも効果が有ります。
ニオイテンジクアオイ水 ローズゼラニウムエキスを抽出したエキスで、抗炎症作用などがあります。
ローズマリーエキス ローズマリーから抽出したエキスで、古くから抗酸化作用や保湿作用があることで使用されている。抗菌作用、血流促進作用も期待できます。

安全性は高いが多く使用してはいけない成分

パルミチン酸スクロース 植物由来のショ糖と天然植物の油脂より得られるパルミチン酸で作られる植物性の乳化剤です。,肌にやさしく、乳化剤などのクリームを作るのに多用されている成分です。
ステアリン酸スクロース 砂糖の主成分であるスクロース(ショ糖)に高級脂肪酸の一種で、粘性が高く皮膚との密着性や顔料分散性に優れ、乳化安定剤として乳液やクリームなどにも用いられます。
オレイン酸ポリグリセリル-2 オレイン酸はオリーブオイルなどに多く含まれる不飽和脂肪酸で、常温では液体状です。親油性界面活性剤として成分を乳化したり、エモリエント作用で肌を柔軟にしたりする効果が期待できます。

 

アヤナスの成分を見たまとめ

 

アヤナスの成分には、特別刺激の強い有害な成分は入っていませのんで、アヤナスの成分のどれかを危ないと言っているのではない事が分かりました。

 

普通肌の人の場合

 

アヤナスは敏感肌やストレスで傷んだ肌の方専用に作られた化粧品ですので、普通肌の人が使ってもメリットはありません。

普通肌の方は、違う化粧品を使用する事で更に強い効果を得る事ができますので、このケースでは、アヤナスを購入する必要がありません。

 

年齢やストレスによる肌荒れが無い人

 

アヤナスは、年齢によるシワやほうれい線を改善して、ストレスで傷んだ肌の改善も同時に行えます。
ですが、これらの症状が全くない人がアヤナスを利用してもメリットがありません。

普通肌同様に、他の化粧品を使用する事でもっと多くのメリットを得られる可能性が高くなりますので、アヤナスを購入する必要はありません。

 

公式サイト以外での購入

 

アヤナスは、アマゾン、楽天、ヤフーショッピングなどでも販売していますが、こちらで購入しますと、下記のようなデメリットがあります。

  • 値段が高い。
  • アヤナスの特典が全く受けられない。
  • 商品の信用性が薄い(期限の管理や保管の方法など)

特に2点目のアヤナスの特典は受けられないのは、永遠に高い値段でアヤナスを購入する事になりますので、ここからはアヤナスを買ってはいけません。

 

まとめ

 

成分に関しては問題はありませんでしたが、肌の状態や購入先に関しては、アヤナスを購入しない方が良い事が分かりました。(*^_^*)

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る