アヤナスで黄ぐすみを防いでエイジングケアーができます

アヤナスで黄ぐすみを防いでエイジングケアーができます

トップへ戻る

アヤナスで黄ぐすみを防いでエイジングケアーができます

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アヤナス黄ぐすみが改善できます。
黄ぐすみとは、肌の老化現象です。

 

黄ぐすみと言う老化現象は、が原因になっています。
では「糖化」と「カルボニル化」の仕組みについてお話します。(*^_^*)

 

ぐすみと言う老化現象は「糖化」と「カルボニル化」が原因

 

黄ぐすみを気づかない方へ

 

黄ぐすみとは、肌の老化現象で今まで透明感があり明るかった肌が、なとなく暗いイメージになって乾燥肌になりほうれい線やシワが目立って来たなんて思っている方は、糖化現象の黄ぐすみが始まっています。

 

そんああなたの皮膚は、肌のトーンが黄色っぽくなっていればそれは黄ぐすみが始まっています。

 

黄ぐすみの原因である「糖化」と「カルボニル化」について詳しく解説していきますので、しっかりお読み進めて下さい。

  1. 最近メークののりが悪い
  2. 肌が何となく暗く見える。
  3. ほうれい線やシワが目立って来た。
  4. 肌にハリが無くなってきた。
  5. 肌が最近ガサガサになる事がある。

そんな経験のある方は、黄ぐすみが始まっていますので、早期に改善しましょう。

 

黄ぐすみとは

 

肌のくすみ

年齢と共に女性の肌は、明るかった肌が暗いトーンに変化してきて肌のきめ悪くなり肌全体の調子が悪くなってきます。
これは突然やってくるものではありませんので、気が付いた時にはすでに肌の老化が進んでいる状態です。

 

暫くの間は、ファンデーションの色を変えるなどして問題がありませんので、そのままにしてしまう事が多く、洗顔後の肌の色やツヤを見て始めて気が付く方が多いようです。

 

ご自分の肌が暗いトーンになったかどうかは、その時の光の当たり具合や状況によって分かりづらい事も多く、なかなか気が付かないまま放置されている場合が多くあります。

 

黄ぐすみの原因

 

肌のくすみの原因はいろんなケースが考えられます。
海が好きで、時間があれば海に行く様な方は、紫外線に当たる事が多く、メラニンが沈着して肌の色が黒くなっていきます。

 

老化による肌のくすみの原因には、肌のターンオーバーの異常、メラニン色素の沈着、肌の老化による毛穴の黒ずみや、糖化、カルボニル化などいろんな原因があります。

 

肌の乾燥によるくすみの場合には、肌のキメが悪くなる事が原因で、綺麗に肌に当たった光を反射できなくなり、暗いイメージの肌になります。
ストレスや寝不足よる血行障害など原因の肌は、赤みが薄れていきますので血の引いた青い感じの色になってきます。

 

肌が青みがかると同時に白くなりますので、今まで目立たなかったシミやくすみが目立つようになります。
このような状況で、肌が暗い黄色に感じる時を「黄ぐすみ」と言います。

 

黄ぐすみの原因は、血行障害に加えて真皮の色が黄色く変色する事で顔全体の肌の色が暗い黄色に見えてきます。
この真皮が黄色くなる原因が、「糖化」と「カルボニル化」になります。

 

糖化と黄ぐすみの関係

 

「糖化」とは聞き慣れない言葉ですが、最近は老化によう肌の色の変化がこれが原因である事が分かってきて、糖化と言う言葉も最近は知られるようになっています。

 

糖化とは、肌の中のコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質が糖と結合する事で、白いパンを焼くと焦げるのお同じ原理で焦げて茶色に変化してしまう現象です。

 

焦げたパン↓
焦げたパン

 

コラーゲンやエラスチンは肌の真皮にありますので糖化は真皮で行われています。

 

肌の構造↓
肌の糖化は真皮で行われている

 

当然ですが、真皮が焦げてしまいますと色の変化だけではなく肌の弾力性やハリも無くなってきますので、シワや毛穴の目立ちやほうれい線などのはっきりとしてきます。

 

この糖化現象は、真皮だけでなく表皮でもおこる事が分かっていて、表皮の角質層でも糖化現象で、肌のバリア機能が低下したりシワが出てきたち、当然色も黄色く焦げた色に変化してしまいます。

 

主のこの2か所の糖化が肌のいろを変化させ状態を悪くするのに大きく関連していますので、取り上げましたが、実際jは肌のどの部分でも大なり小なり糖化は起こっていて、肌は何処でも糖化が起こります。

 

カルボニル化と黄ぐすみの関係

 

カルボニル化は、体内のタンパク質と脂質が結合して、タンパク質のを黄色く変色させてしまう現象です。
分かり易くいいますと、紫外線に晒された肌の中で、皮脂が酸化してタンパク質を酸化させて黄色く変色させてしまう現象です。

 

カルボニル化が起こった肌は、ALEs(Advanced Lipoxidation Endproducts = 終末脂質過酸化産物 )と呼ばれ肌の中に溜まっていくゴミになりますので、糖化に比べて更に肌の色を黒くしてしまいます。

 

カルボニル化が起こる皮膚の場所は、糖化と同じく表皮、真皮どちらでもおこります。

 

カルボニル化に関してはまだ解明されていない部分が多いのですが、カルボニル化の起こった表皮や角質層は、保水機能が低下して肌のバリア機能の低下もおこし、最終的には乾燥肌のようになってしまいます。

 

黄ぐすみは早期の予防が大切

 

一旦、黄ぐすみになってしまいますと、肌の中のコラーゲンやエラスチンが正常に働かなくなりますので、肌の機能は崩壊してしまいシワやほうれい線、血色の悪い肌となってしまます。

 

糖化、カルボニル化したコラーゲンはなかなか消えない

 

糖化や、カルボニル化してしまったコラーゲンやエラスチンは、肌から外に出すのがとても困難で、老化現象として肌にいつまでも残ってしまいます。
ですので、一旦エイジングが進みますと簡単には元に戻す事ができません。

 

そこで大切になるのが、ある程度の年齢になったらエイジングケアーを始める事です。
やはり老化を防ぐ事はできませんが、事前に予防する事で遅らせる事はできます。

 

表皮のターンオーバーが正常ですと、28日で肌は新しいものに入れ替わるのですが、荒れ肌や老化してしまった肌では肌のターンオーバーも遅くなってしまいます。
ですが、遅くなるだけでターンオーバーしないわけではありませんので、早期の手当てをする事で、表皮を改善する事は可能です。

 

又、表皮が良くなる事で真皮にも良い影響を与えてくれますので、事前に予防しておく事は十分に効果のある行為です。

 

>>アヤナスのエイジング対策の詳細

 

肌のエイジングケアーは食生活などの変更も必要

 

これは糖化やカルボニル化だけだは無く、生活していく上で意識して行う事で健康を保つ事ができますので気を付けましょう。

  1. 食べ過ぎない
  2. 早く食べずにゆっくり良く噛んで食べる
  3. 睡眠不足にならない
  4. 適度な運動をする
  5. 脂肪の多い食品は多く食べない
  6. お酒を飲み過ぎない
  7. タバコは止める
  8. 直射日光に長時間当たらない

当たり前の事ですが出来ていない人が大勢します。(*^_^*)

 

アヤナスの糖化対策

 

糖化によってタンパク質と糖が結合した老廃物をAGEsと呼びます。

 

アヤナスではこのAGEsを分解する効果のある、シモツケソウエキスを使用しています。
糖化予防にコウキエキスが使用されています。

 

シモスケソウエキスのAGEs改善効果

 

糖化対策には、保湿が重要である事も分かっています。

 

アヤナスでは、ディセンシアオリジナル特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」で、肌のバリア機能の強化と内部へのセラミド浸透効果を同時に出来るシステムを使用してます。

 

ヴァイタサイクルヴェール

 

 

▼▼▼詳細ページ ・ お申込はこちら▼▼▼

 

初回限定;980円!ここが値引率トップです。(*^_^*)

 

アヤナストライアルセット

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る