トップへ戻る

アヤナスは化粧品、医薬部外品ではありませんが独自の特許技術で敏感肌に対応

アヤナスは化粧品、医薬部外品ではありませんが独自の特許技術で敏感肌に対応

アヤナスは化粧品、医薬部外品ではありませんが独自の特許技術で敏感肌に対応

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アヤナスは化粧品

 

アヤナスは、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドDECENCIA(ディセンシア)が販売している化粧品で医薬部外品ではありません。

 

ですが、ディセンシアオリジナル特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」などで敏感肌の改善に役立っています。

 

化粧品、医薬部外品、医薬品の違い

 

スキンケア―商品は薬事法によって、化粧品、医薬部外品、医薬品に分類されています。

 

医薬品とは

 

厚生労働省が、効果がある成分と認めたもので、主に医者の処方によって購入する事ができます。
ちなみに以外かもしれませんが、誰もが知っている「ワセリン」は医薬品になります。
ワセリンはドラッグストアーなどでも購入できる大衆薬(OTC)として販売されています。

 

医薬部外品とは

 

厚生労働省が認める効果のある成分が一定量入っている化粧品で、治療では無く予防や衛生に使用されるケースがほとんどです。
医薬部外品は薬用とも名乗っていいことになっていますので、薬用とあったら医薬部外品になります。

 

化粧品とは

 

化粧品は、上記のものに比べますと効果が弱く、医薬部外品に認めら得ている「肌荒れ」「ニキビを防ぐ」「皮膚の殺菌」なのど効果を書くことは禁止されています。

 

まとめ

効果を見ますと、医薬品>医薬部外品>化粧品という順番になります。
同時に副作用を見ますと、医薬品>医薬部外品>化粧品となりますので、医薬品が必ずしも一番いいのではありません。

 

ちなみに、美白シリーズの「サエル」は全て医薬部部外品になります。

 

>>サエルの詳細はこちら

 

アヤナスの効果

 

アヤナスは敏感肌用に作られた化粧品です。
敏感肌は、ケミカルな成分が肌に触れますと肌荒れを起こしてしまいます。

 

医薬品、医薬部外品が使用している成分は化粧品に比べると強い成分になりますので、敏感肌には少し強いと考えられます。
そのような理由から、アヤナスでは刺激の少ない化粧品成分を研究開発して、ディセンシアオリジナル特許技術「ヴァイタサイクルヴェール」などを作り上げ、少ない刺激で効果のある化粧品を目指しています。

 

>>アヤナスの成分の詳細はこちら

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る