インナードライ肌にはアヤナスの保水力が効果を発揮乾燥から肌を守る

インナードライ肌にはアヤナスの保水力が効果を発揮乾燥から肌を守る

トップへ戻る

インナードライ肌にはアヤナスが最適

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

最近話題になるインナードライ肌、実はアヤナスが得意とするお肌です。

 

肌の奥で乾燥肌が進んでいるタイプの肌で、

  1. 皮脂が多いので良く洗顔して皮脂を取る。
  2. 肌が慌てて皮脂を出す
  3. 皮脂が多いので再度皮脂を取る。。
  4. 肌が慌てて皮脂を出す

このように実は乾燥肌なのですが、皮脂の洗い過ぎが原因で、乾燥した肌を守ろうと皮脂が慌てて出て来るを繰り返す事で一見オイリー肌に見えますが実は乾燥肌と言う(隠れ乾燥)と呼ばれています。

 

インナードライにはアヤナスが効果的

 

洗顔力の強い洗顔剤で洗顔をし過ぎますと、皮膚の防衛反応で皮脂の分泌が多くなります。
この状態を続けますと、乾燥肌だけでなくシミやシワの原因になってしまいます。

 

汗をかきやすい場合には、適切な保湿と保湿を逃がさない肌のバリア機能が正常にする。
アヤナスなどの敏感肌用化粧品を使用して、ハリとツヤのある肌に戻す。

 

最近の職場は一年中乾燥した状態が続いています。
これもインナードライ肌には良くありません。

 

 

インナードライ肌に付いて

  • 乾燥肌だったのに、普段はテカテカオイリー肌
  • インナー肌の改善方法が分からない

そんな悩みを持った人がいろんな化粧品に変更したのだけど、なかなか肌の調子が良くない。
また化粧品を変更しても合わない。
どうしたらいいんだろう???

 

なんて悩んでいる女性が沢山います。
そんな方にインナードライ肌の原因と対策について詳しく解説します。

 

インナードライ肌でどんな肌なの?

 

インナードライ肌は肌の表面は皮脂でギラギラしているのですが、肌の水分量が低いために内側は乾燥肌になっています。
ですが、本当は乾燥肌の人がこれ以上肌から水分が無くなってはいけないと皮脂を出し手肌から水分が逃げないようにしている肌の防衛機能が働いた結果です。

 

乾燥性脂性肌とも言われています。

 

インナードライ肌

 

インナードライ肌の仕組み

 

インナードライ肌では、肌がオイリーに見えるため、脂取り紙や洗浄力の強いもので洗顔をしてしまいます。
洗顔しますと、皮脂に一部が剥がされて、再度水分が逃げだします。

 

それは困ったと肌は必至に皮脂を出して、皮膚を油で覆います。
ですが、水分の無い皮膚は皮脂で覆われるため、オイリー肌となってしまいます。

 

インナードライの仕組み

 

インナー肌対策のポイント

 

油紙などで肌の油を取らない。

 

油紙などで、皮脂を何回もとってしまいますと、そこを補充しようと更に皮脂が出てきてしまいますので、インナー肌を更に酷くする事になります。

 

洗顔を強くしない、何回もしない

 

洗顔力の強いもので洗顔しますと、皮脂を取ってしまいます。
皮脂が無くなった肌は再度肌のバリアを徹底するため皮脂を出し続けます。

 

洗顔を何回もすると、肌のバリア防衛システムとの戦いになり皮脂を使い果たした肌の防錆機能が負けて、最後は酷い乾燥肌になってしまいます。

 

インナードライ肌の改善方法

 

強い洗顔力のある商品は使用しない。
インナードライの方は全部皮脂を取らないように30°ぐらいのぬるま湯などで洗顔するのが理想的です。

 

洗顔後は顔を擦らずに軽く叩くようにして水分や汚れを取ります。
すぐさまアヤナスの化粧水で保湿しましょう。

 

洗顔力の弱いアミノ酸系の洗顔剤を使用する事をおすすめします。

 

完全に肌の皮質を取らずに、アヤナスでしっかり保湿、エイジングケアー、肌のバリア機能の再構築を続けて行くうちに肌のタンオーバーが正常な状態に戻り、普通のハリとツヤのある肌を取り戻す事ができます。

 

インナードライの肌は、最近の女性には多く、知らない内に間違った洗顔で症状を悪化させてしまいます。
このタイプのお肌の方は、角質が荒れている状態に皮脂が溜まる事で、常在菌のカビが繁殖して、大人ニキビを作ってしまう方も多くいます。

 

大人ニキビになった場合には、一旦専門医に診てもらいしっかいと治療をしてから肌のお手入れを始める事がおすすめです。
最近では脂取りなどの紙を使用している女性が多くいますが、インナードライの人は皮膚表面に皮脂を取ってしまう事で更に多くに皮脂が出てくることになりますので、使い過ぎに注意をしましょう。

 

アヤナスの化粧水の使用方法に付いてはこちらから、ご覧ください。ヤナスの化粧水

 

最近よく聞く混合肌

 

乾燥肌や、敏感肌、アトピー肌などはよく聞く肌の呼び方です。
最近になり更に混合肌と言う肌に言い方が出てきています。

 

混合肌の特長は、肌の部分に乾燥している部分と脂性の肌が混合している肌で、これまでと違った対応が必要になります。
アヤナスは混合肌の方にも有効で、最後のクリームで調整します。

 

乾燥している部分にポイントして使用します。
これにより肌の混合タイプでも安心して使用できる化粧品がアヤナスです。

 

これまではこのような肌の分類がありませんでしたので、この手のはだのタプはどんな基礎毛用品を使用しても問題が出てしまいました。
今でははっきりと新しいタイプとして認められていますので、化粧品のポイント使いが深く浸透しています。

 

インナー肌と同様に最近できた肌の分類で、今ではそのような肌の性質や改善方法がしっかりと確率していますのでいろんな肌の方が綺麗でキメがありハリ、ツヤのある肌を作る事に成功しています。。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る