アヤナスクリームのシリコン(ジメチコン)は危険なの?

アヤナスクリームのシリコン(ジメチコン)は危険なの?

トップへ戻る

アヤナスクリームのシリコン(ジメチコン)は危険なの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アヤナスクリームの成分表を見ますとジメチコン(シリコン)が入っています。
通常はシリコンと言いますが、正式にはシリコーンと呼ばれています。

 

アヤナスクリームに入っているシリコンは肌に良くないの?

 

アヤナスクリーム全成分

シクロペンタシロキサン、水、ジグリセリン、グリセリン、BG、PEG-10ジメチコンジメチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、ジステアルジモニウムヘクトライト、ワセリン、水添ポリオレフィン(C6-12)、ステアリン酸スクロース、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、ポリHEMAグルコシド、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パルミチン酸スクロース、アミノプロピルジメチコン、エチルヘキシルグリセリン、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

 

>>アヤナスクリームの詳細

 

シリコンの役目

シリコーンは、酸素とケイ素と有機物からなる有機化合物で、熱や光に強く柔軟性があり通気性が高いなどユニークな特長をもっています。
シリコンは私たちの生活の中にはたくさん利用されています。

  • ティッシュペーパー
  • 柔軟剤
  • コンタクトレンズ。
  • シリコン調理器具

そもそもシリコンは人間の体に悪影響を与える成分では無く、保湿クリームでは、肌のバリア機能を強化してくれ敏感肌の方には外せない成分です。

シリコンが悪いと言われる理由

シリコンが有名になったのは、シャンプーでノンシリコンシャンプーが出てきた事から「シリコン=体に悪い物質」というような風潮が出てきました。
「シリコンは毛穴に詰まる」「シリコンは人体に有害」「シリコンは毛をダメにする」「シリコンフリーが当たり前」なんて言われるようになり、ノンシリコンのシャンプーが次々に発売されるようになりました。

 

ノンシリコンシャンプーのブームがきて、シリコンは体に悪いと言う印象が残されました。
それ以来シリコンは間違った意識を人々に与えていたのです。

 

シリコンの安全性

 

シリコンを含んでいる量はアヤナスクリームでもごく少量で、肌のバリア機能を強化する事に使われえいて、洗顔する事で簡単に肌から洗い流す事ができます。

 

その他にもシリコンの安全性に関しては下記の権威のあるサイトでも証明されていますので参考にしてください。
シリコンは決して体に有害な物質では無くて、とても効果のある良い成分である事が分かります。

 

(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマーの現時点での安全性は、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性はデータ不足により詳細不明ですが、皮膚感作性(アレルギー性)の報告もなく、安全性に問題のない成分であると考えられます。

参照元:化粧品オンライン

 

シリコーン配合のシャンプーとシリコーンを配合していないシャンプーは、どちらも毛髪や地肌に悪い影響を及ぼすことはありません。一般的には、シリコーン配合のシャンプーは、洗髪中の摩擦を軽減しながらなめらかな仕上がりを実現し、一方のシリコーンを配合していないシャンプーは、細かな泡立ちで、さっぱり、サラサラとした感触が得られるという特長があります。それぞれの違いは、洗髪時の感触や仕上がりに現れるため、資生堂には、シリコーンを配合した商品とシリコーンを配合していない商品の両方がそろっています。まずは、シリコーンの特長や効果を正しくご理解ください。その上で、お好みに合わせて最適な商品をお選びいただくことをおすすめします。

参照元:資生堂

 

>>アヤナスの口コミに関して

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る