アヤナスを脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)に使用できるの?

アヤナスを脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)に使用できるの?

トップへ戻る

アヤナスを脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の時使ってもいいの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

アヤナスは敏感肌用化粧品で、アトピー肌、乾燥肌などにも使用出来ます。

 

では、脂漏性皮膚炎脂漏性湿疹)のある人は使っていいでしょうか?

 

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)にアヤナスは使えるの?

 

結論から言いますと、使ってはいけません!!

 

脂漏性(しろうせい)皮膚炎の肌の状態をご説明します。

 

 

脂漏性皮膚炎とは

 

人の肌の潤いやハリを保つ角質層は0.02mmと超薄い世界です。

 

若い頃はこの部分に十分な水分とコラーゲンがありますので、全く問題がありません。
ですが、歳を取るにつれて肌は十分な水分を溜める事が出来なくなり、水を溜めておくコラーゲンも減少してしまいます。

 

この状態になりますと、肌のバリア機能が衰えてきますので乾燥肌になってやがて角質層の表面は薄く剥がれてきます。
この部分が炎症しやすくなり常在菌のカビが繁殖して、赤く腫れたような状態になります。

 

主に皮脂の分泌の多い部分で起きます。
その事から、間違えた治療方法で更に悪化させる人が多いようです。

 

肌が荒れて乾燥しますと、体はその部分に皮脂を出して乾燥から肌を守ろうとします。
ですので、赤く腫れた部分が脂ぎった感じがする事から、間違えて清潔にしようとその油を落としてしまう人が多いようです。

 

この脂分を肌から取ってしまう事で、体は危険と感じさらに皮脂の分泌を加速させます。
このような行為を繰り返す内に肌は更に悪化して酷い状態になってしまいます。

 

アヤナスで普段からの保水が大切

 

乾燥肌から脂漏性皮膚炎になってしまう方は、普段からの皮膚の保水を十分に心がける事でこのような症状にならなくて済みます。
アヤナスは、乾燥肌にとても有効な敏感肌用化粧品ですので事前に肌の状態を良くしておく事で未然に防ぐ事ができます。

 

ですが、一度炎症してしまった皮膚に化粧水を使用してもしみたり、痛いだけで症状は悪化する一方です。
脂漏性皮膚炎になってしまったら、早急に皮膚科に行って適切な処置をして、治った後でアヤナスを使用しましょう。

 

アヤナスは混合肌にも使用できます。(混合肌とは乾燥した部分と脂性の部分が両方存在する肌です。)

 

アヤナスを混合肌で使用する時には、最後のクリームを部分使いにしますと綺麗に仕上がります、(*^_^*)

 

アヤナスは大人ニキビにも使えるの?

 

アヤナスは大人ニキビでも使えるの?

 

アヤナスには強いコラーゲンの生成を助ける効果が有ります。
コラーゲンは年齢と共に次第に失われえしまいます。

 

アヤナスを使用する事で、肌のコラーゲンの減少に歯止めをかける事が期待できます。

 

大人ニキビは乾燥肌に多く、大人になると肌の乾燥化が進んで、皮脂の分泌も悪くなります。
皮脂が少なくなると、ニキビが出なくなるのではと思う人がいると思いますが。

 

皮脂は天然の保湿成分で、肌の潤い保つために表面に膜を張る性質があります。
皮脂が少なくなりますと、肌荒れが始まってそれが原因で肌の表面の状態が悪くなり、少しの皮脂で毛穴が詰まってしまいそこに汚れも溜まる事で、大人ニキビになっていきます。

 

このような乾燥肌が原因の大人ニキビにはアヤナスは効果的です。

 

あくまでの初期の状態での大人ニキビだけで、本格的に大きなニキビになりますと、やはり治療が必要でそのご大人ニキビ防止の役目でアヤナスを使用できます。

 

乾燥肌の方はアヤナスを早期に使用する事で、肌の状態を良くして事前に将来の肌の危機を回避する事ができます。

 

アヤナスにはまだまだいろいろな効果が有ります。(*^_^*)

 

気になる方は、「アヤナスの効果は予想以上に凄い」を参考にしてください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る